岡崎市六名駅徒歩10分、駐車場47台完備の整形外科

天野整形外科クリニック

0564-55-6877

手・肘・その他


一般疾患


テニス肘  
 テニスのラケットでボールを打つ時に手首に負担がかかり、ひじを痛める疾患です。しかし、年齢を重ねた女性はテニスをしていなくても自然にテニス肘になる場合があります。重いものをもち、家事をしても痛くなる場合があります。特に筋力の弱まった40~50歳の女性にあらわれることがあります。  
 治療法は軽症の場合は、入浴時にストレッチやマッサージをすることで様子を見ます。しかし、指を動かすだけで痛む重度の場合は、注射や装具を身につける場合があります。その他には温熱・低周波・レーザー光線などのリハビリ療法、消炎鎮痛薬の内服などを組み合わせて行います。

ばね指  
 指を曲げる筋肉の腱鞘炎のために、いったん指を曲げると自力で伸ばせなくなり、もう一方の手を使って伸ばすようになってしまう疾患です。原因として手の酷使でも発生しますが、主に妊娠時、産後や更年期の女性に起こることが多い疾患です。指を曲げ伸ばししたときの痛みから始まります。もっと進んでくると、いったん曲げると痛くて指を伸ばすのに苦労するようになり、さらに進むと、指が曲がらなくなります。
 治療法としては、塗り薬や湿布、ステロイドの注射をすると、徐々に改善します。

ドゥケルバン腱鞘炎  
 ドゥケルバン腱鞘炎は手首の腱鞘炎のことです。これは手首の腱と腱鞘の間のすべりが悪くなり、引っかかってしまうことによってうまく手が動かせなくなります。また患部に痛みや腫れ、痺れなどという症状が起きてしまうものです。子供のいる主婦の方やテニスなどのスポーツで手首を酷使する方がなりやすい症状です。   
 治療法はステロイド注射や温熱療法などがあります。

手根管症候群  
 手首の手のひら側にある骨と靭帯に囲まれた手根管のなかで神経が圧迫を受けて、しびれや痛み、運動障害を起こす疾患です。初期の症状として人差指や中指などにしびれや痛みが起きることです。このしびれや痛みは夜間、特に明け方に増すのが特徴です。手の過度の使用、妊娠によるむくみなどが原因で、中年以降の女性に多く起こります。 進行すると細かい作業が困難になります。 
 治療法はしびれや痛みが軽度の場合は、手首を安静に保つための装具を使用したり、ステロイド薬の注射を行います。内服薬では消炎鎮痛薬を使用します。

ヘバーデン結節  
 指の関節の痛み、腫れなどが生じる疾患です。ヘバーデン結節とは、指の第一関節の背側にできる骨の変形による膨らみをさし、一般に40歳代の女性に多く発生します。これは加齢に伴ってみられる変形性関節症の一つで、長年の労働による変化が原因です。個人差はありますが、数年のうちに症状は落ち着くので、気長に治療を行うことが大事です。
 治療法は痛みがあるときは消炎鎮痛剤を使用し、それでも痛みが治まらない場合には、関節の手術を行うこともあります。

関節リウマチ

  

スポーツ疾患


野球肘  
 投球動作が繰り返されることにより、肘に痛みがでることが特徴的です。成長期には軟骨が傷みやすいため、その部位に故障を生じます。その結果、肘が動きにくくなったり、激痛が走ります。  
 治療方法は十分に治るまで投げることをやめ、筋力アップを行います。また、早期に復帰することを目的として手術する場合もあります。

ボクサー骨折  
 拳を握った状態で殴打することで、手のひらの骨が拳の近くで折れる疾患です。実際には、ボクシングでの発生は少なく、ほとんどがパンチングマシーンなどによるものです。骨が手のひら側に曲がって変形するため、整復しないと拳がつぶれた状態になります。
 治療方法は手で容易に整復しますが、整復状態を保つのが困難なため、多くの場合はピンなどを用いて固定する手術があります。

突き指(中節骨剥離骨折)
 指を伸ばした状態で、指先にボールが当たったり突いたりした時に生じる疾患です。球技でボールを受けそこなった時や転倒して指を突いた時に発生します。早期に適切な治療を受けないと、いつまでもはれや痛みが続き、関節の変形や運動障害が残ったままになる場合もあります。
 治療方法は指節間の関節を固定します。または手術により、整復や体の内からの固定を行う場合があります。さらにリハビリを早期に行うことが重要です。

※一般的な見解を掲載しております。痛みがある場合はご自身で判断せず、一度当院にご来院下さい。
Copyright © 2011 天野整形外科クリニック All Rights Reserved.