〒444-0853 愛知県岡崎市三崎町8-8
名鉄バス 岡崎警察署前から徒歩3分、愛知環状鉄道 六名駅から徒歩10分

お気軽にお問合せください

月火木金:9:00~12:00/15:00~19:00 
水曜9:00~12:00 土曜9:00~15:00
休診日 :日曜・祝日・水曜午後

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらへ

0564-55-6877

主な疾患

当院では一般の疾患だけでなく、各種スポーツ関連の疾患についても診察しております。

ジョギング・ウォーキング

中高年では軟骨のすり減りによる関節炎や体重を支え、地面をける際に働く筋・腱が痛みます。

足底が地面に接地したときにしなる余裕がなく、足底筋膜に過度の負担がかかります。それを繰り返すことで、小さな断裂や剥離が生じ、炎症を起こします。

 
痛めてすぐは「冷やす」と「安静」が基本
症状が起こってすぐのときは炎症を鎮めるために痛みのある患部を湿布などで冷やします。また、痛みが消えるまでは、休みことが大切です。歩幅を小刻みにして、軟らかい地面を歩いてください。

ゴルフ

スイングで体感のねじりと逆ねじりを繰り返し、腰椎の非生理的な動きで、ストレスがかかります。

無理なスイング、過度な力が入ったフリップなどで、手を握りしめる筋肉の腱が集まっている手首の部分や投球時に手首の返しに使う筋肉などに炎症を起こし、痛みが生じます。

痛めたら第一に「安静」、「固定」
急な痛みには安静が肝心です。また、強い痛みが軽減したら、腰痛用ベルトや手首用サポーターなどを用いて負担を軽減してください。

サッカー

膝関節の周囲の腱には筋の収縮によるストレスが集中するため、炎症や微細な損傷が起こります。

足首を内側にひねってしまい、その後に痛みとはれがでることがあります。足関節外側靭帯損傷は再発を繰り返しやすくなる可能性があります。

ねんざの直後や激しい痛みには「安静」、「冷却」、「圧迫」、「拳上」
副木やテーピングで足首を固定します。次にビニール袋に氷を入れて患部を冷やします。さらに包帯などで患部を軽く圧迫します。最後に患部を心臓より高く上げます。

投げる際に肩甲骨のくぼみの縁と腱板がぶつかることで、軟骨や腱が傷ついて痛みます。

投げる動作はひじの外側では圧迫、内側では牽引と違った力が加わります。この繰り返しが過度になることで野球肘が起こりやすくなります。

治療は「冷やす」と「安静」が基本
症状が起こってすぐは湿布などで冷やすことが大切です。また、痛みがある間は肩やひじを休めることが基本です。痛みを我慢して投球を続けると症状が悪化します。

スキー&スノーボード

スキーなどで転倒し、膝が内側に入り、膝が後ろに反ったりすると損傷することがあります。

後方に手を突いたり、手を後方へ強制されることで肩関節が脱臼することがあります。その後は初回よりも弱い動作で脱臼を繰り返しやすくなります。

痛めたら「冷やす」、「安静」、「固定」が基本
膝関節は固定とアイシングをします。肩関節は三角布固定とアイシングをします。

バレーボール

つき指と称する手指の痛みは最も起こりやすい怪我です。指の関節包や靭帯が伸びたり、時に骨折を伴ったりすることがあります。

膝を捻って突然痛くなる場合と使いすぎでだんだんと痛くなる場合があります。膝のお皿の下を押してみて痛みがあり、ジャンプしても痛い場合は休息が必要です。

痛めたら「冷やす」、次に「固定」
痛めてすぐは湿布などで患部を冷やします。次に怪我をした部位を固定します。指を伸ばした状態でテープで固定し、膝はサポート装具を利用するなど、過度な力がかからないようにします。

バスケットボール

急なターン、ジャンプの踏み切り時や着地時に膝が内側に入り、つま先が外側に捻られた状態になると損傷が起きやすくなります。

横方向や急な方向変換を行った時などに、足の縦・横のアーチ部分に過度な力がかかり、ねんざをひき起こすことがあります。

痛めた直後は「冷やす」と「固定」が大切
けがが起こってすぎは患部を冷やしてください。痛みが消えるまでは競技を休むことも考慮してください。再発を防ぐためにも、最初にしっかり治すことが大切です。

前腕の筋肉に連続的に負荷がかかることで、腱と骨が付着している部分に炎症や小さな断裂が生じ、肘の外側の痛みを起こします。

急な方向転換でダッシュをしたときなど、強く地面をける動作の際に、収縮している筋肉が急激に伸ばされ、ふくらはぎの内側で肉離れを起こすことがあります。 

痛めたすぐは「冷やす」と「安静」が基本
症状がおこってすぐは痛みのある患部を冷やして下さい。痛みが消えるまでは休むことが大切です。

お問合せ・ご相談はこちら

天野整形外科クリニックのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
ご不明・ご不安な点がございましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0564-55-6877

診療時間:9:00~12:00/15:00~19:00
水曜9:00~12:00
土曜9:00~15:00
休診日:日曜・祝日・水曜午後